FC2ブログ
ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラのオレンジの花色を美しいと思う。
夕べの雨の名残りを乗せて、夏の日差しに輝いている。

titibu-_20090718_0028.jpg

夕暮れにぽとりと落ちるその花を、少し淋しく見つめながら
母は、父が作った濡れ縁でノウゼンカズラを眺めていた。
お盆の迎え火を焚きながら、いつも、その光景がぼんやり浮かぶ

titibu-_20090718_0036.jpg

遺影の写真をあらためて見つめ
父母の面影を懐かしく探す
在りし日の優しいまなざし、もう、逢えないけれど感じることはできる…

titibu-_20090718_0043.jpg

「おとうさん、おかあさん、わたしは、いつまでもあなたのこどもです。」
こころの中でそうつぶやいて、ぼんやりと面影が滲む
緑の木立に上り詰めて鮮やかに咲き競う
わたしは、その燃えるような花色を今年も胸に焼き付ける

titibu-_20090718_0049.jpg

グラジオラス

グラジオラスって、園芸種の花だけれど、
こうして夏の里山に咲いていると何故かしっくり馴染んでいる
ピンクと黄色が混ざったような色合いが優しくてとても綺麗
どこか和菓子を想わせる上品な花色…

titibu-_20090718_0093.jpg

ひところ、毎年楽しみに夏の尾瀬に通っていた。
ニッコウキスゲ咲く鮮やかな時季には行けなくて、
いつも7月の終わりの尾瀬だった。
始発のローカル線の車窓にひろがる涼やかな朝の景色を、
嬉しさに弾む心で、子どものように見つめていた。
どこまでも続く里山の景色が朝もやの中に流れていった。
一瞬、農家の庭先に、色鮮やかなグラジオラスが咲いていたのを
目の前を流れていった夏の情景を、何故か覚えている。
グラジオラスを見ると不思議とあのさわやかな夏の朝を思い出す。

titibu-_20090718_0091.jpg

ダリア

ダリアの花を見ると、田舎の夏を思い出す。
子供の頃、夏の庭先でいつも見ていた気がする。
いろいろな色の花があったけれど、
バラの花のように鮮やかな深紅のダリアは、太陽のようだと思った。
「なんだか、懐かしい花なのよ」と言ったら、
アイリスは金子みすずのこの詩を思い出すと言った。

IMG_3272.jpg


わたしには、思いつかなかったことだけれど、
娘の言葉を聞いた途端に、鮮明にその詩と背景が浮かんだ。
これからは、きっとダリアを見る度に、
この詩と娘の言葉を思い出すだろう。

IMG_3301_20090730183118.jpg


    犬    金子みすず
  
   うちのダリアの咲いた日に
   酒屋のクロは死にました。

   おもてであそぶわたしらを、
   いつでも、おこるおばさんが、
   おろおろ泣いて居りました。

   その日、学校(がっこ)でそのことを
   おもしろそうに、話してて、
   ふっとさみしくなりました。 

IMG_3304.jpg

名前の知らない花

子供の頃、天狗花と言って、この花を摘んでは、
鼻の頭につけて遊んでいたっけ。
ほんとうの名前は知らないけれど、
庭先に咲いたビビットなピンクの花にやってくる
アゲハチョウをじっと眺めていたことなど思い出した。
草むらに、無造作に咲くその花は、緑と夏がよく似合う。

titibu-_20090718_0119.jpg

黄色い花は、夏の象徴のようなひまわりを思い出す。
子どもの頃、自分の背丈よりも高いひまわりが庭に咲いていた。
背が高いから、わたしは下からしか見上げられなかったけれど、
もるで木のように逞しい花だった。
それが、台風が通り過ぎた翌朝、すっかりなぎ倒されてしまっていた。
逞しく見えてもやっぱり可憐な花だということを知った。
びっしりと黒い種を付けた花芯の、流線型の幾何学模様を
美しいと思って眺めていたことを思い出す。
この花はひまわりではないけれど、ちょっと似ていると思った。

titibu-_20090718_0110.jpg

titibu-_20090718_0114.jpg

桔梗

桔梗の花は、日本的で、なんて端正な花だろうか…
紫のその花色も気品に満ちて美しい。
桔梗の花は、とても好きな花だ。

IMG_7659.jpg

すっと伸ばした花茎も、いまにもはじけそうな膨らんだ蕾も…
清楚で美しいその花は、夏の野辺に映えるけれど、
白い月にも似合いそうなその花色が素敵だ。

IMG_6247_20090731004435.jpg

祖父母の家の庭先にいつも咲いていたのを、
縁側のすだれ越しに見ていた。
打ち水…風鈴…つり忍…
祖母が扇いでくれた、うちわの風の心地良さ
そんな思い出が走馬灯のように巡る。

IMG_6254.jpg

この桔梗は、淡いピンク色…
不思議な優しさが漂うのだった。

titibu-_20090718_0056.jpg

ミツバチたちが蜜をもらいに着ていた。

titibu-_20090718_0062.jpg

titibu-_20090718_0070.jpg

わたしにとって、眩しい夏は溢れるほどの思い出を連れている
きっと、わたしが夏が好きなのもこんな所に原点があるのかも知れない。

titibu-_20090718_0105.jpg
スポンサーサイト



2009.07.31 Fri l 未分類 l COM(6) TB(0) l top ▲
マーガレットとてっちゃんが、家に帰る日も近づき、マーガレットは少しづつ荷造りを始めていた。
日曜の昼下がり、そんな姿を眺めながら、わたしは「お茶にしようか?」と声をかけた。
マーガレットは、友人のこいちゃんが、編集・製本してくださった“尾瀬散歩 トンボ物語”を本棚から取り出して、『忘れないように、早めにしまっておかないとね。』と言っった。

この本は、わたしが書いた物語と、こいちゃんの写真とのコラボで出来上がった写真絵本だった。
わたしは物語を書き進めるうちに、この物語を、これから出産し子育てをしていく娘に贈りたいと思うようになっていた。
その想いを知ったこいちゃんが、娘のマーガレットとアイリスの分も製本してプレゼントしてくださったのだった。

自分が書いた物語が、尾瀬の美しい写真を散りばめた素敵な写真絵本になるなんて思っていなかったし、その本を娘に手渡せるなんて夢のようだった。
これも、編集からご苦労を重ねて、試行錯誤で製本してくださったこいちゃんのお陰と感謝の気持ちで一杯だった。
娘にその事を話すと、娘は『本を自分で作ったり、写真を編集したり、こういう事が出来るって素晴らしいね。“あとがき”を読んだらジーンとしたよ。お友達のこいちゃんに、てっちゃんが、大きくなったら毎日この絵本を読んであげます。本当にありがとうございましたと、よろしく伝えてね。』と言っていた。

そして『わたしね、こっちに帰ってきてから、おかあさんが時々淋しそうな顔をしているのが少し心配だったけれど、おかあさんには、お友達がたくさんいるから大丈夫だね。』と微笑みながら言うのだった。

いつも、いつも心配していた娘だったけれど、娘も、わたしのことを心配していてくれたのかと思うと思わず胸が熱くなった。そんな風に思っていたなんて、知らなかった…。

tonbo_20090706_0471.jpg

tonbo_20090706_0474.jpg


「向こうに帰ったら大変だと思うけれど、パパと協力して、てっちゃんにいっぱい愛情を注いであげて、一日一日の子育てを楽しんでね。」と言うと、
マーガレットは頷きながら『わたしね。てっちゃんを将来、自分の好きなことを見つけて楽しめる人に育てたいと思っているの。
習い事をさせるとかじゃなく、自然を楽しめる人になれば良いなと思っているんだ。幸い、山梨は自然がいっぱいある環境だから、大きくなったらいろんなところに連れて行ってあげようと思うの。
パパもきっと虫取りとか魚釣りだとか連れて行ってくれると思うんだ。』と言った。

わたしは、思いも寄らない言葉に、ちょっと驚いて「そう、それは、素敵じゃない!
じゃぁ、おばあちゃんが、鳥のことや、樹のことなんかを教えてあげるわ。」と言った。
するとマーガレットは、わたしをじっと見つめながら、
『おかあさん、てっちゃんがいっぱい歩けるようになったら、尾瀬に連れて行ってあげてね。
てっちゃんにイモリの池のイモリやトンボを見せてあげたいの。アイリスとてっちゃんとおかあさんとわたしと、4人で尾瀬に行きたいね。』と言うのだった。

わたしは、嬉しくて胸がいっぱいになりながら、「うん、そうだね。楽しみだわ。その時は、背負子を買って、わたしがてっちゃんを背負っていくわ。」と言って言葉が詰まってしまった。そして、こころの中で「ありがとう」と呟いた。

いつしか、親となり娘たちは母親を越えてゆくものなのかも知れない。
こんな感覚を持ったのは初めてのことだった。
新しい命との出逢いは、どんなことをわたしに感じさせてくれるのだろうと、期待していたけれど、思っても見なかった感動を届けてくれた。
わたしは、この数ヶ月の事を思い返し、マーガレットとアイリスを連れて、尾瀬を歩いた遠い日に想いを馳せたのだった。

0ze0054.jpg
2009.07.07 Tue l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
耳元で、さやさやと吹く、風の音を聞いた事がありますか?
まるで、風が囁いているような、微かな音色…
それは、とっても心地よい響きなんです。

山の上の湖の上を吹いてきた風は、ほんのりと夕日の色を映していました。
岸辺に立って、体にその風を受けると、わたしの耳元に囁くように…
6月の風は、ほのかな夏の匂いを乗せて吹きぬけていきます。

湖面には、微かなさざ波が、夕日の光を散りばめ
金色の小さな波が、きらきらと寄せています。
時折り、森の中から鶯が囀る声が聞こえてくるだけで
あとは、やわらかな風の囁きをきくばかり…
わたしは、五感で初夏の音色を感じていました。
さざ波の煌めきを見つめていると、こころは水面を漂っているような気がします。

ふと見上げると山の上の高い空にツバメの群れが飛び交い始めます。
夕暮れの名残りの空は、薄いオレンジを流したようにやさしく溶け合い
ツバメたちのシルエットが、やわらかな曲線を描いて飛んでいきます。
キュルルル…と可愛らしい囀りも聞こえてきて、黙って見上げていると、
わたしの心は大空へと吸い上げられていきそうな気がします。

ツバメたちのたくさんのシルエットの中に、寄り添う二羽を見つけて思わず目で追います。
二羽のツバメは、楽しそうに時々体をひるがえしたりしながら、戯れていて、
しあわせそうで、それを見つめるわたしも微笑んでいました。
いつしか、名残りの夕映えの光も、消えて行き、ツバメたちも、ねぐらへと帰って行きました。
水面の金色の光も色褪せて湖の底へと消えていきました。

でも、風はずっと耳元にあって、その透明な息吹きが、優しく包んでくれていました。
わたしは、風と共に岸辺を歩き、夏を感じた6月をずっと忘れずにいます。
6月という季節が巡る度、あの山上の湖の夕暮れ時のひと時を思い出すでしょう。
そして、また、あの場所に…

2009.06.15 Mon l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
今日も良い天気だった。
職場の窓から庭を眺めると、正門の脇に植えられた小さな桜の樹が、ちょうど満開になっていた。
時折り、やわらかな風が吹くと、いっせいに花びらはハラハラと風に舞い散るのだった。
そして、アスファルトの上に散った花びらは、風の流れのままに、ちいさく円を描きながらふわりと舞い上がったりするのだった。
そんな姿を見ていると、春風と桜の花びらが遊んでいるように見えて、わたしは、その中を歩きたくて仕方なくなる。

帰り道、夕日がとても綺麗な色に沈んで行き、西の空がオレンジとも紅色ともつかない美しい色に染まっていた。
わたしは、また、少し、遠回りをする事にした。
桜並木がずっと続く道を歩いてゆくと、夕暮れの空は、美しい桜色に染まっていた。
桜の梢を振り仰ぐと、宵闇の中に、白い花びらが透き通っていくような気がした。
今は無風だけれど、ときおり、ひらひらと花びらが零れ落ち、夜の静けさのなかに舞い降りていくようだった。
花散る春の宵は、蘇州夜曲なんて、ぴったりなんだけれど、なんて思いながら歩いていた。

CIMG0220.jpg

ノスタルジックな春の宵、こんな夜は、どこかへドライブに出かけてみたいなんてふと思った。
そして急に、エリック・クラプトンのWonderful Tonightが聴きたくなった。
前奏のギターのメロディが流れると、胸がしびれる。
彼のセクシーな歌声もグッと来る。
こんな気だるい春愁の宵を、この曲を聴きながら、首都高とかをドライブしたら最高だろうなぁと思う。
都会的な街の明かりの中を走り抜けるのも、何だか素敵だろうなぁ…なんて。
たまには、山から離れた思考も、魅力的だったりする。
だから、今宵は、クラプトンを聴いているのだった。

Wonderful Tonight

2009.04.11 Sat l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
20090315_0073.jpg


世の人の見つけぬ花や軒の栗

奥の細道の芭蕉の句だそうだ。
この句の意味は、花は美しく咲いて、人々の心を楽しませてくれるけれど、
目立たないような慎ましやかな花をひっそりと咲かせ、美味しい実を付ける花もある。
人知れず山の中に息づく栗は密やかに咲いて、散ってなお、秋には山にたくさんの恵みを与えてくれる。

20090315_0300.jpg

山深いこの場所には、何故か栗の倒木が多い。
栗は材質が硬く腐食しにくいために、倒れても、その姿を保ち続けるのだそうだ。
栗は、西方浄土の樹とされているのだそうだ。
柔らかな陽射しが降り注ぐ森の中に、苔生し累々と横たわる栗の巨木たちは、清らかに生きて、そして倒れてもなお限りない恵みを与えてくれているような気がした。

20090315_0329.jpg

ここが天使の庭ですよ…そう、言って一葉さんが案内してくれた場所を見るなり、わたしたちはぴったりのネーミングだと思った。
燦々と降り注ぐ陽光の中、枯れ葉に覆われた、緩やかな丘が現れたのだ。
その中心にどっしりと聳えるミズナラの巨樹が、無限の空へと両手を広げていた。

20090315_0315.jpg


同行したひでちゃんは、あとから、こんな風に素敵な言葉で綴ってくれた。

…天使の庭、ぴったりの名前だよね。
目覚めてみる夢のような美しい光景だった。
ひらひらとまるでモンシロチョウみたいに駆け回って
静止した春の空気を三人でかきまわしたね。

20090315_0473.jpg

そして、ホウの樹皮の色にうっとりしたよね。
色名は…
鴇羽春色(ときははるいろ)
鴇羽色+春色
英名はキューピットピンクだよ!(愛の使者、キューピットの肌の色だよ)

20090315_0238.jpg

すごく素敵な言葉たちだったから、忘れないようにブログに載せたんだよ。
本当に神々しくて素敵な場所だったナァ・・・
もう一度行きたいと思ったのだった。
2009.03.26 Thu l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲