FC2ブログ
わたしが、初めてカゲロウに出逢ったのは、5月に咲くスミレを探しに行った帰り道のことだった。
さやさやと涼しげな音を立てて流れる渓流沿いの谷を登り、急勾配の斜面に取り付いた。
イタヤカエデの根元に、一株、純白のシコクスミレが咲いていた。
はじめて出逢えたシコクスミレの美しさに心躍らせたそんな日だった。
そして、尾根道や、タワになった日当りの良い林床には、小さな小さなフモトスミレが群落を造って咲いていて、夢のようにしあわせな時間を過ごして、登山口のある谷へと降りて来た。

午後3時を回って、谷は、早くも夕映えを迎えようとしていた。
谷を見守るように聳えた向かいの名も無い山の肩へと、夕日の色をした太陽が沈もうとしていた。

谷は見る間に、金色の光に包まれていった。
渓流の流れや、少し広くなった川面は、その光を受けてそれは眩しく美しく光り輝いたのだった。

naguri3_0175.jpg


川面に渡された、丸木の小さな橋を渡りながら、その美しさに立ち止まらずにはいられなかった。
わたしは数枚、光る川面の写真を撮って目をこすった。
何かキラキラとした小さな物が川面を浮遊していた。
「なにかしら?」そう思って目を上げた瞬間、思わず息を呑んだ。

キラキラと金色に光り輝く小さな浮遊物は、ふわふわと浮かび上がっては沈む動作を繰り返しながら、川面いっぱいに舞い、やがて、谷いっぱいに乱舞した。
それは、とても不思議な光景だった。まるで、たくさんのティンカーベルに包まれたような気がした。
その谷の空気そのものが、金色とオレンジ色を滲ませた大きな川のようだと思った。

naguri3_0403.jpg

やがて、太陽が向かいの山陰に消えていくと、急速に谷は色をなくしていくようだった。
色褪せていく景色とともに、幻のフェアリーたちも、輝きを失い、ついには姿が消えていった。

夕映え時の、ほんの数分間のドラマだった。その美しさと儚さに感動して、わたしは胸の奥から熱い想いがこみ上げるのを抑えることができなかった。
その生き物が、カゲロウだという事をわたしは後から知ったのだった。
初めて、カゲロウに出逢ったのは、新緑が美しい、初夏の息吹が感じられる森だった。

naguri3_0110.jpg


そして、わたしが2度目にカゲロウに出逢ったのは、夏の名残りに浸りたくて出かけた9月初めの森だった。
今年も夏の終わりには、この地に足を運んでしまった。ダムサイトを回って、その奥へと林道を遡っていく。うっそうとした杉やヒノキの森陰を大きな川音を立てて上流から川が流れ込んでいた。
時おり、木の間越しに見える川面は、ところどころに人口の堰を流れていくのが見えたのだった。
そんな中に、白い水しぶきが見えた。「あら?あんなところに小さな滝があるわ…」
なんにでも興味を持つ好奇心旺盛なわたしは、すぐに、周りをきょろきょろと見回した。
どうやら、川に下りていけそうな、踏み後があることに気づいた。

naguri3_0124.jpg

もちろん、その道を辿って、岩角を乗り越え、河原へと飛び降りたのは言うまでもない。。。
川幅は思ったよりも広く、透明で澄み切っていて、思っていたよりも浅かった。
わたしは、すぐに靴を脱ぎ捨て、ズボンの裾をまくりあげ、素足を川の中に浸す。
川床の石は、穏やかな流れにさらされて、角が削られたのか丸みがあって足の裏に優しかった。

naguri3_0225.jpg

川面に映る緑の木々や、空の色が綺麗で、夏の名残りが輝いて見えた。
そして、川面を吹く風が柔らかくて涼やかで、秋の訪れを感じたのだった。
膝ぐらいまで濡らしながら、向こう岸へと渡り、靴を履き、林道から覗いた小さな滝を見に行った。

naguri3_0244.jpg

naguri3_0080.jpg

naguri3_0086.jpg

その滝音とは別に、川上から、かなり大きな轟々とした水が流れ落ちる音がしていた。
わたしは、その音のするほうへと河原を歩いていった。緩やかにカーブした場所に差し掛かると、なにやら大きな水の流れ落ちる姿が見える。どうやら堰を流れ落ちているようだけれど、この場所から見ると凄い迫力で、大きな滑滝のような感じだった。

naguri3_0147.jpg

湾曲した川面を回りきると、その姿が明らかになった。人口の堰とはいえ、素晴らしい景観だった。
午後の日差しに、木々の葉は輝きを増し、滴るように美しい緑が晩夏を印象づけ、堰の上の草深い岸辺には、ススキの穂が金色に輝き、しなやかに秋の訪れを謳っていた。

naguri3_0162.jpg

naguri3_0198.jpg

わたしは、夏と秋の狭間に、佇み、澄み切った水の色や、川底の小石が金色に光るのを見つめた。
ひとしきり写真を撮っていると、また少し日が傾いたのか、川面はますます光り輝いて、まるで光る川の帯のように眩しかった。

naguri3_0176.jpg

naguri3_0178.jpg

そんな川面の光が、水辺の岩にゆらゆらと揺らめきながら反射していてとても綺麗だった。
岸辺に座り、そんな光景を眺めていた時、川面に浮かぶ無数の光を見つけた。


naguri3_0239.jpg

naguri3_0236.jpg

naguri3_0253.jpg

光の中を漂い浮かぶカゲロウたちだった。さっきまでいなかったのに、いったいどこから現れたのだろう…カゲロウの幼虫は、時季がくると水の中から浮かび上がってきて、背中が空気に触れると割れて羽化して成虫になるのだそうだ。きっと今しがた羽化したばかりなのだろう。
成虫になると、餌を食べずに夕暮れ時などに舞い数時間で交尾をし、卵を産み、死んでいくと言う。
今、彼らは命を繋ぐためにひたすら飛び続けているのだ。
本当に儚い生き物だけれど、生きるためのその営みは壮大だと思った。

naguri3_0335.jpg

naguri3_0359.jpg

わたしは、夕映えの輝きがピークになり、だんだんと翳りながら色あせていくのを見守り続けた。
カゲロウたちは、飛翔を繰り返しながらカップルになり、少しづつ消えていった。
カゲロウの羽化は初夏の頃が一番多いと言う。確かに5月に見た谷いっぱいに乱舞する飛翔とは違って、川面に群れ飛ぶ小さな飛翔だったけれど、金色に輝く美しい姿だった。

naguri3_0473.jpg

きっと、これが最期の羽化だったのかもしれない。
この場所に導かれたことを不思議に思いながら、少しずつ姿を消す、カゲロウたちの飛翔を見届けた。
どこか、遠い場所ではなく、すぐ身近の川の一隅で繰り広げられる美しくも不思議な光景を、いつかアイリスにも見せてあげたいと思った。
きっと、アイリスなら、わたしと同じ思いにとらわれることだろう。

naguri3_0492.jpg

naguri3_0479.jpg

わたしは、また、裸足になって冷たさが増した川面を渡り林道へと戻ったのだった。

naguri3_0547.jpg


《カゲロウについて調べたことを少し》
カゲロウ(蜉蝣)とは、節足動物門・昆虫綱・カゲロウ目(蜉蝣目)Ephemeropteraに属する昆虫の総称。昆虫の中で最初に翅を獲得したグループの一つであると考えられている。幼虫はすべて水生。不完全変態であるが、幼虫→亜成虫→成虫という半変態と呼ばれる特殊な変態をし、成虫は軟弱で長い尾をもち、寿命が短いことでもよく知られる。

成虫は餌を取らず、水中に産卵すると、ごく短い成虫期間を終える。
幼虫時代は一般に脱皮回数が多く、通常でも10回以上、時には40回に及ぶものもあると言われる。幼虫の期間は半年ないし1年程度で、終齢近くのものでは翅芽が発達する。不完全変態であり、蛹にはならない。羽化の時期は春から冬まで種や地域によって異なるが、初夏の頃が最も多く、時間も夕方頃が多い。羽化場所は水中、水面、水際など種によって異なっている。羽化したものは実は成虫ではなく、亜成虫(subimago)と呼ばれる。というのは、この亜成虫は、飛び立って後、別の場所で、改めて脱皮を行い、そこで初めて真の成虫になるからである。成虫は、よく明かりに集まるが、そういったところを探すと、脱皮柄がくっついているのを見ることができる。亜成虫は成虫とほぼ同形であるが、成虫に比べて毛が多く、脚や尾がやや太短く、翅が不透明であるなどの違いが見られ、性的には未成熟である。なお、翅が伸びた後に脱皮する昆虫は他にいない。
スポンサーサイト



2009.09.30 Wed l 山と森 l COM(6) TB(1) l top ▲
そよ風がそっと吹いて、水面に立てる漣の限りない優しさ
雨粒がひとしずく落ちて、湖面に広がる波紋のひそやかな静けさ
結び葉に射した木漏れ日に、透ける緑の清々しさ
森を抜けた草原に、一面に風にそよぐ花たちの巡る命の美しさ
遥かな小径をたどり、どこまでも水と緑の大地に憩う、そんな日々があった
IMG_1082_20090625072645.jpg

IMG_1041_20090626223847.jpg


そんな日々は遠くなったけれど、
いつもの暮らしの傍らに、そっと息づく安らぎに気づいた

アスファルトの隙間からつんと伸びた、草の生命のたくましさ
草むらや、垣根やお庭や、路地裏の片隅で咲く花たちの優しさ
里道の畦に咲いたシロツメクサのように
ブロック塀の割れ目に咲いた紫カタバミのように
色づきはじめた紫陽花の、ふんわりとした膨らみのように

20090618_1223.jpg

20090618_1296.jpg


6月には、そんな優しさを写真に撮りたい…
雨上がりの水溜りに映った夏色の空を見ながらそう思う。
夏が来る前の、ほんの一瞬
限りなく優しい水色の季節が過ぎてゆく前に…

20090618_1235.jpg

IMG_5857_20090626225021.jpg

2009.06.26 Fri l 山と森 l COM(2) TB(0) l top ▲
夏が来る少し前の季節…
春の名残りの中に、輝かしい季節のトキメキが少しづつ、少しづつ感じられるようになる頃、
庭のケヤキは、緑の繁りを緩やかにしなやかに風に揺らせ続けている。
大好きな夏の訪れを待っているこんな季節が、何だか一番わくわくしているのかも知れない。

三年前から、この季節になると、わたしは雲取山を目指していた。
それは、雲取山の山頂直下に広がる防火帯の草尾根に咲く、小さくて輝くような黄色いスミレに逢いたいからだった。
雲取山の日原側からの登山口の一つに長沢谷から入るオオダワ林道がある。
この登山口に佇む、カツラの巨樹がある。わたしはこの巨樹に逢いたくて、毎回ここから入るのだった。

IMG_4446.jpg

雨樹の森…そう名付けたくらい、わたしがここに入山する時は雨が多かった。
カツラの樹は、雨がとっても似合った。
雨に濡れた逞しい幹は、いよいよ美しく、その根は瑞々しい大地に大きく張り巡らされているようだった。
そして、若葉溢れる梢は、潤んだ緑の灯火を燈しているように見えたのだった。

象の樹と名付けたミズナラの巨樹の根元に咲いた純白のギンリョウソウが、雨の雫で透明に透き通っていく姿を美しいと思った。

IMG_4598.jpg

登山道には、薄いピンクの小花を付けたクワガタソウが咲き乱れ、咲き残ったヤマツツジのオレンジ色が雨に濡れて、緑の森に漂う小舟のように思えるのだった。
トオゴクミツバツツジは、山道に散り敷いて、美しいピンクの花の道…ほの暗い雨の道が華やいで見えた。

雨に濡れた木々の緑は滴るように本当に綺麗で、何度も何度も見上げてはため息をついていた。
雨の森がこんなにも美しいことを知ったのもこの季節だった。

崩落した崖の上にミヤマスミレの姿を見つけ、何度も滑りながらも泥だらけになって写真を撮りにいったこと。

IMG_4645_20090523001716.jpg


頭上で囀るオオルリの瑠璃色の背中に見せられて、双眼鏡を覗いているうちに、路肩からザザッと滑り落ちてしまったり、増水した沢を渡る時に、倒木の上に乗って滑って、その枝で胸を打って肋骨にヒビが入ったりしたことを思い出す。

針葉樹の森に降る雨の匂いが、とってもいい匂いで、「ああ、尾瀬の森と同じ匂いがする!」なんて思わず呟いた事…林床の苔の中に咲いた純白のオサバグサにも感動した。

そして、やがて、岩場に咲いた小さな黄色いスミレを見つけた時の喜びは、心の底から湧き上がる思いに胸が震えた。
その時の胸の高鳴りと、雨傘を打つ雨の雫の音が、重なった事をわたしは忘れない。
思わず傘を投げ出して、しゃがみこんでカメラを向けた事、今でも思い出す。

IMG_5498_20090523002046.jpg

黄色いスミレに逢う事に、ただただ夢中だったあの日々、夏が来る少し前の季節を、わたしは誇らしく思い出している。
雨に濡れ、暗い森に少し不安だったけれど、顔をあげ、ちいさな勇気と夢を胸に歩いていたあの頃のわたしを…

IMG_5479.jpg

IMG_5517.jpg
2009.05.23 Sat l 山と森 l COM(0) TB(0) l top ▲
季節ごとの森の命に巡り会う
こんな素敵なコトって他にはないだろうと思う。
木々の芽吹きも、花の色も、風のそよぎも、雨の音も…
光る渓も、秋の彩りも、雪の峰も…
森羅万象すべてのコトに想いを寄せて歩きたい。

もし、そこに、笑顔で分かち合える人がいたならば、
わたしはそれをしあわせと呼ぼう…

IMG_1959.jpg

IMG_1978.jpg

IMG_1823_20090424000850.jpg

IMG_2165.jpg

IMG_2164.jpg

IMG_2129.jpg

IMG_2005.jpg

IMG_<br />1743.jpg

IMG_1799.jpg
2009.04.24 Fri l 山と森 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近、山に行っていないので、ブログネタは、家庭のお話ばかりなので、今夜はちょっぴり以前の山のお話を…

IMG_0111_20090417003638.jpg

晩秋、日原の森を歩いていて偶然、ミズナラやイヌブナの巨木が何本も立ち並ぶ巨樹の森を見つけた。
美しい渓流に魅せられて、何回か通っていたその谷は、幾つもの小径が縦横無尽に走り、わたしの好奇心をかき立てるのだった。
知らない道を辿る度に新しい発見があり、未知の領域に踏み込むのが楽しくて仕方がなくて、
この日もわたしは知らない小径へと足を運んだ。
山深い渓谷にかかった古びた丸木橋を渡り、杉木立の中の急登を上りきると、ぽっかりと視界が開け美しい森が現れた。

IMG_9872.jpg

林立するミズナラやイヌブナの巨木が天に向かって葉を落とした裸の幹をおおらかに伸ばしていた。
そして、その枝先にはたくさんのヤドリギが巨大な鳥の巣のようにたくさんはびこっていたのだった。
ヤドリギがたくさん付くということは、その樹の樹勢が衰えてきている事を意味し、 
樹にとってはあまり好ましくない状態なのだと聞いたことがあった。
この時は、何とかならないものだろうかとヤドリギの存在を恨めしく思ったのだった。

IMG_9873.jpg


ところが、同じ山域を早春に歩いた時、ほとんど回りが枯れ果てているのに、ヤドリギだけは青々と茂り、
オレンジやクリーム色の綺麗な実を付けている事を知った。
そして、どうしてヤドリギがこんな高い木の枝に繁殖できるのかその訳を知る事になった。

急坂を上り詰めて、巨樹エリアの尾根に足を踏み入れた時だった。目の前の巨木の枝に数羽の鳥が降り立った。
聞きなれない声で囀っている。何の鳥だろうと思い、双眼鏡を覗いた。
「あれ?もしかしたら?」わたしは、双眼鏡を覗きながら独り言を呟いた。

hirennjyaku5.jpg
逆光気味でありながら、薄いピンクがかった羽の色と頭の羽毛が立っていることに気づいたのだった。
なんとなく、ヒレンジャクじゃないかとひらめいたのだった。
まだ一度も見たことはないが、特徴がある姿をした美しい鳥で野鳥図鑑を眺めながら憧れていた鳥だった。
微かな期待にトキメキながら、わたしはなおも双眼鏡を覗いていた。
すると、最初に降り立った鳥の後から、後続の鳥たちが次々と巨木の枝のあちこちに飛来し始めた。
最初、数羽かと思っていた群れは、後から後からやってきて50羽近い大群だった。

hirennjyaku2.jpg

その舞い降りる姿は圧巻で、あっという間に巨木の枝は舞い降りた鳥たちで鈴なりになっていた。
鳥たちはさかんにヤドリギの実をついばみ始めた。
双眼鏡で観察していると、樹の雨露に溜まった水を飲んでいる姿や樹液を吸っているように見える仕草も見えた。

hirennjyaku1.jpg

後で知った事だけれど、冬鳥として飛来したレンジャクは春に渡っていく前にヤドリギの実などを食べるのだそうだ。
かなりの大食漢で、この群れが飛来すると全ての実を食べつくしてしまう事もあるそうだ。
わたしは、この時、やっとヤドリギたちが、どうやって大木の上に繁殖する事が出来たのか知ったのだった。

hirennjyaku3.jpg

ヤドリギは美味しい実で鳥たちを誘い、鳥にその種を運んでもらい繁殖し続けていたのだった。
自然って不思議に満ちていると思った。わたしは昼食を食べるのも忘れ、寒さで体中が冷え切ってがたがたと震えだすまで
30分以上もレンジャクたちの様子を飽きもせず観察し続けたのだった。
周りの山は、まだ雪をまとい、空は今にも雪が降り出しそうなほどどんよりと曇っていた。
そんな季節の狭間で、春を感じ取り旅立ちの支度を始めた冬鳥たち。
彼らの渡りのメカニズムはわたしには分からないけれど、なにかきっと野生の呼び声のようなものが彼らの本能の中に刻まれているのかもしれない。
そんな事を考えながら、巨木の枝先に羽を休めている姿にカメラを向け何度もシャッターを切った。
写真は上手く撮れなかったけれど、その尾羽の先の緋色がとっても鮮やかだった。
やがて、数羽の鳥が飛び立つと、後を追うように次々と飛び立ち、群れとなって大きく旋回しながらどこかへと飛び去っていった。
やはり群れを率いるリーダーと言うものがいるのだろうか?
レンジャクの群れが頭上を飛ぶ時、怒涛のような羽音が近づき遠ざかっていくのだった。
わたしは、出逢えた奇跡と共に、あの力強い羽音を忘れないと思う。
そして、長い旅路を終えて安住の地に無事渡っていって欲しいと願ったのだった。

hirennjyaku6.jpg


ところで万葉集の中に、ただ一首だけ、このヤドリギのことが詠まれている歌がある。
万葉集の編者でもある大伴 家持の歌で、

あしひきの 山の木末の 寄生取りて 挿頭しつらくは 千年寿くとそ

(読み)あしひきの やまのこぬれの ほよとりて かざしつらくは ちとせほくとそ

(意味)山にある木の梢にあった寄生を採って挿頭にしたのは千年の命を祝うためである

と言う歌だそうだ。
寄生と書いてほよと読む。万葉の時代に、すでにヤドリギがあったこと、
万葉の人々は、ほよが寄生植物であることを知っていた事に驚いた。
そして、山々の木々が冬枯れで葉を落としている中で、青々とした葉を茂らせ美しい実を付けるほよを
千年の命の木だと考えた、いにしえ人の想いの深さを感じずにはいられなかった。
今はもう、春。ミズナラの巨木たちは、芽吹いてきたのだろうか?
そして、その梢のヤドリギたちは、花を咲かせているのだろうか?山が恋しいなぁ…

IMG_9878_20090417004354.jpg

2009.04.16 Thu l 山と森 l COM(2) TB(0) l top ▲