FC2ブログ
涼やかな秋晴れの一日。奥多摩湖を訪ねた。
奥多摩湖は山上の美しい湖なのだが、いつも手前の山を歩いていて、なかなかこの湖まで到達しない。
わたしが、この湖を訪れるのは、春のスミレやカタクリの季節の御前山に登る時と、奥多摩湖側から雲取山に登る時、峰谷の奥から鷹巣山に登る時、そして、小菅村周辺の山に登る時ぐらいだった。

IMG_6237.jpg


本当は、まだまだ、素敵な山や登りたい山が、この奥多摩湖の周辺にはたくさんあるのだけれど、あまり早く家を出る事が出来ないわたしにとっては、少し遠いのでいつもなかなか足が向かない。
ところで、今日は、奥多摩湖にある山のふるさと村を訪ねてみようと思っている。
南岸に遊歩道が付けられ、ダムサイトからこの山のふるさと村まで15kの散策ができるのだ。
わたしは、途中の峰谷橋から、湖上にかけられたドラム缶橋を渡って行くことにした。

IMG_6303_20081014233635.jpg

ドラム缶橋を渡る前に、小さな半島になった丘の上にある小河内神社に登って見た。
高い所から見た奥多摩湖を見渡して見たかったからだった。
長い坂をほんの少し登りつめれば…

IMG_6267.jpg

こんな景色が眼下に広がった。

IMG_6248_20081014234345.jpg

境内には大きな桜の樹があって早くも色づいた赤い葉っぱが散っていた。
ここでもやっぱり、葉っぱを並べてみた。

IMG_6253.jpg

コウヤボウキの花が、たくさん風に揺れていた。なんとなく、儚げな花だと思う。

IMG_6260.jpg

ヤクシソウは光に透けてとっても綺麗。山肌を彩るように散りばめられて咲いていた。

IMG_6276_20081015000650.jpg

なんの果穂かしら?あちこちでキラキラ光っている。

IMG_6282.jpg

歩くとゆらゆら、パタン、パタンと鳴るドラム缶の浮橋を渡って対岸へ行く。
湖面はキラキラ日差しを反射して眩しく光り、湖面を渡る風はとっても爽やかだった。

IMG_6307.jpg

山のふるさと村へは、ここから約2.5キロの距離だ。のんびりと歩いていく。

IMG_6321.jpg

ほどなくして、細い川が流れ込む入り江に着いた。

IMG_6326.jpg

流木が絵になる。

IMG_6328.jpg

入り江は静かで誰もいない。わたしは川原の石に腰を下ろした。
涼やかな風に吹かれていると、ここが奥多摩であることを忘れてしまうほど、閉ざされた入り江は美しかった。
絶えず吹きつける風は少し強かったけれど、心地よかった。わたしはここで昼食をとった。

IMG_6330.jpg

やがて数人の人たちがやってきて思い思いに遊んでいる。
いいなぁと思いながら和やかに見つめていた。

IMG_6337.jpg

やがてわたしは入り江を後にして広場へと向かっていった。

IMG_6348.jpg

山のふるさと村に着くと、売店や食堂、クラフトをさせてくれるログハウスなどがあった。
ヤマセミのトーテンポールが、見守っている。

IMG_6369.jpg

IMG_6373.jpg

カツラの並木道が色づき始めた。

IMG_6351.jpg

IMG_6355.jpg

桜も色づき始めた。

IMG_6364_20081015003115.jpg

さぁ、今日はこれで帰ろう。わたしは来た道を辿り、峰谷橋へと戻ったのだった。
それにしても、あの入り江は素敵だった。
スポンサーサイト



2008.10.15 Wed l 山と森 l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

ゆらゆらパタンパタン
sizukuさん おはようございます。
ゆらゆら パタンパタン そのとおりでした。
なつかしく思い出しています。
ドラム缶橋も白い入り江も思い出しました。
これから紅葉もいいでしょうね。
冬の小鳥狙いもいいかもですね(笑)
何度も何回でも訪れてみたいところです。
2008.10.15 Wed l こいちゃん. URL l 編集
ドラム缶橋
 ドラム缶橋。懐かしく思い出しました。子どもたちが小さい頃、嬉々として渡ったのを・・・あの時、カメラが趣味であれば・・・あの後姿を撮っておいたのにな~
2008.10.15 Wed l びるげ. URL l 編集
こいちゃんへ
こいちゃん、おはようございます。
早速、コメントありがとうございます(*^_^*)
奥多摩湖南岸道、いつかは、歩いてみたいと思いながら延び延びになってました。
最初に、この道を歩いたこいちゃんのレポに触発されました。
わたしが歩いたのは時間が無かったので、ほんの少しでしたが、とても素敵な入り江でした。
また、ゆっくり訪れたいです。ほんと、冬鳥の季節には良さそうですね。今から楽しみです(*^_^*)
2008.10.16 Thu l sizuku. URL l 編集
びるげさんへ
びるげさん、おはようございます。
びるげさんも、幼いお子さんたちを連れてこのドラム缶橋を歩かれたことがあるのですね。
わたしも、子どもたちが小さい頃連れて行ったことがあります。まだ、アイリスが3歳ぐらいの時のことです。
アイリスは覚えてないでしょうけれど、今度連れてきてみようかと思います。
ちなみに、一昨年の秋、息子がドライブで連れてきてくれましたが、息子はこの橋の事、遠い記憶の中で覚えていましたよ(*^_^*)
2008.10.16 Thu l sizuku. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuironokaze920.blog15.fc2.com/tb.php/86-d326d510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)