FC2ブログ
初秋の風がわたしを誘う。
時折り日差しが零れる10月初旬、日原の集落を訪ねた。

今日は稲村岩も幽玄な墨絵の世界だ。まだ、紅葉は始まっていない。

IMG_6033.jpg

集落の高台に登っていくと、稲村岩を真正面に見える場所がある。
このロケーションはなかなか良い。今度、天気のいい日に撮って見たいなと思った。

IMG_6037.jpg

日原林道を、歩き始めた。この林道沿いには巨樹がたくさんあるのだった。
すぐに現れるのはトチの巨木。谷底から斜めに聳えている。
まだまだ、巨樹としては細いのかもしれないけれど、苔むした樹肌も、なかなかの貫禄だと思う。

IMG_6042.jpg

もう少し歩くと、日原川を渡る最初の橋の手前にも、かなり大きな巨木がある。
背が高すぎて葉っぱが良く見えなくて何の樹なのか、わたしにはいまだに良く分からずにいる。
今度、双眼鏡で観察して見なくてはと思う。まだまだ、勉強不足の樹木初心者だ。

IMG_6049.jpg

斜めに立ち上がる根っこも大きい。樹の根元が駐車スペースになっているのが、ちょっと残念だな。

IMG_6051_20081029073456.jpg

対岸の木々も少しだけ、色づき始めた樹も見受けられる。
この斜面が色とりどりの紅葉に包まれる日は、もう少し先だ。

IMG_6206_20081030002850.jpg

緩やかな林道を辿っていくと、美しい渓谷が絶え間ない瀬音を響かせる。
でも、今日は少し暗い…日差しが踊れば、キラキラと青い水が輝くのになぁ…。

IMG_6179_20081029220051.jpg

ヤマアジサイの名残りの花の向こうに、小さな赤い葉が…

IMG_6188.jpg

やがて川岸に巨樹の姿が見えてくる。でも、探そうとしなければ見失ってしまいそう。

IMG_6071.jpg

シダの繁る斜面を降りていく。

IMG_6176.jpg

ノコンギクの花咲く…

IMG_6079.jpg

IMG_6161.jpg


石垣の名残りだろうか?以前はここに人々の暮らしがあったのだろうか?
それとも、山葵田の名残りなのかな?

IMG_6139.jpg

白波を蹴立てて流れる日原川とガニサワの出会い。
そんな川岸に、大木を挟んで佇むカツラの巨樹。
春夏秋冬、いくつもの季節を繋ぎ生き続けている。

IMG_6108.jpg

威風堂々としたその姿を見つめるたびに、わたしは言い知れぬ安らぎと勇気とを貰える気がするのだった。

IMG_6164.jpg

IMG_6158.jpg

とうとう、雨が降り出した。わたしは巨樹に別れを告げ、帰ることにした。
ここのカツラは日照権が悪いせいか、完全に色づく前に葉が散ってしまうのだと読んだ事がある。
色づいた姿を見てみたいなと思った。

IMG_6130_20081030004307.jpg

雨のしずくが木々の葉を伝って滴り落ちる。

IMG_6059.jpg

先ほどの巨樹も見送ってくれた。

IMG_6194_20081030004543.jpg

日原本谷は、静かに霧に閉ざされていったのだった。

IMG_6197.jpg
スポンサーサイト



2008.10.29 Wed l 山と森 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

季節は確実に
 やっと!!なぜか!!投稿ができます!!わ~うれしい!!!

 山も秋を終わりつつあるようですね。

 じょびちゃんや秋終わる山に話したいことがいっぱいあるびるげです。

 にょにょひろが、自転車を乗り回す中学生から老人を守ろうとして顔面挫傷。顎関節症です。
2008.11.01 Sat l びるげ. URL l 編集
びるげさんへ
なかなか、投稿できなかったんですね。
ご不便をお掛けしましたm(__)m
山の秋もだいぶ下まで降りてきましたよ。
今日奥多摩湖をアイリスと歩いてきました。
紅葉はだいぶ見頃になってきました。
そして、なんと、じょびちゃんに逢ってきました。
じょびこは見れませんでしたが、りっぱなオスのじょびちゃんでした。
わたしたちの目の前に舞い降りて、こちらを振り向きながら囀ってくれました。
アイリスも大喜びでしたよ。

それにしても、にょにょひろくん、お怪我はいかがでしょう?
可哀想に…一生懸命お年寄りをかばってあげたのに…理不尽な事ですね。
どうぞ、お大事にしてくださいm(__)m
2008.11.02 Sun l sizuku. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuironokaze920.blog15.fc2.com/tb.php/94-a3743e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)