FC2ブログ
8月12日~25日の期間で、銀座松屋で、熊田千佳慕さんの絵画展が開催されていた。昆虫を細かく観察した精密画で知られる画家で、日本のプチファラーブルと世界でも賞賛されている。
今年で99歳になられたが、いまだ眼鏡は使わずに絵筆を握る。
幼い頃、病弱で、虫と遊ぶのが好きだったそうだ。父親から教えてもらったファーブル昆虫記が愛読書で、いつしか自分の絵でファーブル昆虫記を書いてみたいと思うようになっという。
60歳ごろから描き始めたファーブル昆虫記の昆虫の絵がライフワークとなり99歳になった現在も描き続けている。

良く観察し、見極めてはじめて書き始めるという絵は、細い筆の筆先の毛数本のみで描かれ、1枚を書き上げるのに3年を要することもあり、緻密でリアルな画法と美しい色彩にあふれた表現力が素晴らしい。

熊田さんの絵は、とてもリアルなのに、なぜかとてもファンタジックで、その不思議な美しさと、優しさと温かさに、まるで魔法のように観るものを惹きつけて止まない。
わたしもまた、熊田さんの魔法にかかったひとりなのだった。
熊田さんの絵画展が開催されることを知って、絶対に行こうと心に決めていた。

kuma_08.jpg


8月12日、絵画展初日、わたしは久しぶりに都心へと向かった。
今日は銀座の絵画展のあと、浅草界隈を歩いてみるつもりだった。
くまちかさん(熊田千佳慕さんの愛称)の絵画展は、開場と同時に、大勢の人々が訪れた。改めてくまちかさんの人気を物語っていると思った。
わりとご年配の方が多かったように思う。みなさん、それぞれの作品の前で足を止め見入っていた。
わたしも、一つ一つの作品を、じっくりと鑑賞することができた。
どの作品にも、虫に対する溢れる愛情と細やかな観察眼の賜物のリアリズムが、まるで生きているように生き生きと描かれていた。
絵本作家としても知られていて、代表作に、“ミツバチマーヤの冒険”“不思議の国のアリス”“オズの魔法使い”“ピノキオ”“ライオンのめがね”などがあり、それらの挿絵も展示されていて、丁寧に描きこまれた精密画の手法で、メルヘンの世界を作り出しているような気がした。子供たちに夢を与えてくれる素晴らしい挿絵だった。
もしかしたら、わたしも子供の頃、そのどれかの絵本に出逢っているような気がするのだけれど、はっきり覚えていないが残念だった。

約2時間かけてじっくりと作品を鑑賞した。こんなにゆっくりと一つ一つの絵を鑑賞したのは久しぶりのことだった。
そして、会場で上映されていたくまちかさんのビデオも拝見した。
横浜の郊外に借りた古い小さな民家、6畳一間の小さな部屋で寝起きし、それがくまちかさんのアトリエだった。飾らない質素な暮らし向き、清貧という言葉が浮かんだ。
奥様もご高齢だが、共にお元気で暮らしている。
くまちかさんの部屋には網戸がない。一年中開けておくから、いつもいろんな虫が遊びにやってくる。
夜になれば、部屋の明かりに引かれて、甲虫たちもやってくる。
「灯りの周りをくるくる廻っているうちに、ほら、目を回して落っこちてしまうんですよ」と言いながら、愛おしそうに指でカナブンの背中を撫でる。そんな仕草がなんとも自然体で素敵なお二人だった。
90歳の頃、奥様のご病気で一時、絵が全く描けない時期があったという。
その時を振り返って千佳慕さんは、穏やかに語った。
『誰でも、人生の中でそのような時期があるものです。それは、神様がお与えになった試練の時なのだと考えます。その時期を一生懸命頑張って乗り越えた時、後は、面白いように絵が描けるようになりました。』

わたしは、その言葉を聞いて、千佳慕さんの絵が、こんなにも人の心を惹きつけて止まないのか判るような気がしたのだった。
千佳慕さんの絵には、生き生きとした命の輝きが溢れていて、その輝きが見る人の心に生きる勇気と愛を与えてくれているような気がした。
とても充実した良い時間を過ごした。今日の目的は、もう、半分以上叶い、後はおまけのようなものだと思いながら、地下鉄で浅草へ出た。


浅草に来るのは何年ぶりだろう。浅草寺界隈は、相変わらずの賑わいだった。

asakusa-_20090812_003.jpg

雷門のこの大きな提灯は、下町という雰囲気を感じてとても好きだ。

asakusa-_20090812_005.jpg

asakusa-_20090812_006.jpg

asakusa-_20090812_013.jpg

asakusa-_20090812_015.jpg

仲見世のアーケード街に軒を連ねる、昔ながらお店。
 
asakusa-_20090812_025.jpg

どのお店も、古い佇まい。今では懐かしい雰囲気だけれど、昔は活気に満ち溢れていたのだろうなと感じた。今も観光客の大勢の人の流れを見ていると活気があっていいものだ。
夏らしいとても暑い日だった。アーケードの屋根に木立の影が映りこむ。

asakusa-_20090812_024.jpg

asakusa-_20090812_018.jpg

五重塔に、陽射しが動く。

asakusa-_20090812_068.jpg

久々に夏らしい青空に輝く

asakusa-_20090812_117.jpg

境内は大勢の人々で賑わっている。

asakusa-_20090812_029.jpg

asakusa-_20090812_041.jpg

屋台のお店もいくつか出ていて、下町のお祭り情緒もあったりして…

asakusa-_20090812_037.jpg


浅草寺は改装中だったが、屋内はお参りすることが出来た。

asakusa-_20090812_050.jpg 

天井に書かれた天女や龍、鳳凰の絵が美しい。

asakusa-_20090812_062.jpg

鳴き龍かな?
asakusa-_20090812_052.jpg

荘厳な感じのする祭壇?(何と言うのだろう?知識がなくて…)
大寺院の風格がある。

asakusa-_20090812_058.jpg

何本もの柱には、小さな灯りがともる。

asakusa-_20090812_060.jpg


浅草寺を後にして、下町散歩に出かけた。

asakusa-_20090812_072.jpg

ジャパーニーズ・オープンカフェみたいな、出店が続く裏通り。

asakusa-_20090812_077.jpg

いきのいいおにいさん、おねえさんたちが、呼び込みをしていた。
『休んでいきなよ!ビールが冷えてるよ!』
屋台で乾杯する人も、食事する人も、みな朗らかでたのしそう!

asakusa-_20090812_080.jpg

「天国」なんて、ホットドック(*^_^*)

asakusa-_20090812_100.jpg

寄席があるのも、浅草らしいな。

asakusa-_20090812_093.jpg

浴衣姿の娘さんたちを乗せた人力車の青年。なかなか風情がある。

asakusa-_20090812_095.jpg


asakusa-_20090812_108.jpg

快活な感じの娘さんたちもまた、粋です。

asakusa-_20090812_109.jpg

おや?街角になにやら懐かしいお顔の看板がいっぱい。

asakusa-_20090812_103.jpg

デンスケさんをご存知の方もいらっしゃると思う。、子供の頃、お昼頃のテレビで、でん助劇場と言うのをやっていた。懐かしい。

asakusa-_20090812_101.jpg

asakusa-_20090812_102.jpg

花屋の店先で、立ち止まる。

asakusa-_20090812_085.jpg

ブーゲンビリアのビビットなピンク

asakusa-_20090812_088.jpg

ガーベラの元気なオレンジ

asakusa-_20090812_090.jpg

海のような青いリンドウ

asakusa-_20090812_092.jpg

太陽のようなヒマワリ

asakusa-_20090812_111.jpg

水上バスを見たくて…

asakusa-_20090812_129_20090911234219.jpg

桟橋に向かう

asakusa-_20090812_136.jpg

青空に聳えるビルと、首都高

asakusa-_20090812_138.jpg

○○○ビールだったかな?

asakusa-_20090812_141.jpg

水面の光がゆらゆらと水上バスの下を流れる。

asakusa-_20090812_145.jpg

時間が来て、水上バスはゆっくりと川を走っていった。

asakusa-_20090812_168.jpg

水上バスの中から僕を見つけて
観光客に混じって笑って手を振る
そんな透き通った景色を
僕の全部で守りたいと思った …♪ミスチルの歌を口ずさんだ。

asakusa-_20090812_149.jpg

カモメは高いビルまでも上昇していった。

asakusa-_20090812_184.jpg

波間に浮かぶカモメも…

asakusa-_20090812_191.jpg

いつか水上バスに乗ってこの川を遡ってみたい。
2009.09.11 Fri l 日々の想い l COM(6) TB(0) l top ▲
ミス・チルのこの曲を聴いた時、「ああ、いいなぁ…」と思った。
情景が、目の前に浮かんできて、まるで自分が見ているように流れていった。

歌詞がとてもいい…

♪君を待ってる手持ち無沙汰に
ぼんやりした幸せが満ちていく
向こう岸から ゆるいスピードで
近づいてくる水飛沫は君かな? ♪

こんなふうに、さらっと言葉が詩えたなら素敵…

この景色が見たくて、浅草へ行った。

asakusa-_20090812_129.jpg


水上バス/Mr.Children

買ったばかりのペダルを
息を切らせて漕いでは桟橋へと向かう
深呼吸で吸い込んだ風は
少し石油のにおいがして
その大きな川に流れてた

君を待ってる手持ち無沙汰に
ぼんやりした幸せが満ちていく
向こう岸から ゆるいスピードで
近づいてくる水飛沫は君かな?

水上バスの中から僕を見つけて
観光客に混じって笑って手を振る
そんな透き通った景色を
僕の全部で守りたいと思った

asakusa-_20090812_146.jpg


君乗せて漕ぐペダルにカーラジオなんてないから
僕が歌ってた
そのメロディーに忍ばせて
いとしさの全部を
風にたなびかせて歌ってた


夕日が窓際の僕らに注ぎ
君はさらに綺麗な影を身につける

asakusa-_20090812_176.jpg

今度は、水上バスに乗って、日の出埠頭まで行って見たいな…


水上バス/Mr.Children
2009.09.04 Fri l 音楽 l COM(2) TB(0) l top ▲
みなさん、こんばんは。
この2週間あまり、昨年の獅子舞のレポートに取り組んできましたが、
今日、やっと、第6章 最後の芝 をアップすることが出来ました。

昨年から、思いを暖めていたのですが、写真が多すぎて、なかなか整理ができませんでした。
今回、最後の章の巻末に、各芝のアルバムをアップしました。
アルバムのタイトルをクリックし、アルバムを開いた後に、右端にある項目からスライドショーを選択していただくと、ご覧になれます。

拙い写真ですが、こうしてご覧になると獅子舞の各芝の流れが判るのではないかと思います。
よろしかったら、また、下のURLより、お入りくださいm(__)m

この獅子舞のレポートを下名栗の獅子舞保存会の皆様に捧げます。
素晴らしい獅子舞を今年もありがとうございました。

第6章 最後の芝
2009.08.30 Sun l 里山 l COM(4) TB(0) l top ▲
今回も、ホームページ更新のお知らせです。

獅子舞の夏2008 絆の夏の続きをアップいたしました。
まだ、全部完結していませんが、4~5章までを、お読みいただけると嬉しいです。

よろしかったら、下のリンクからどうぞ。

獅子舞の夏2008 絆の夏 4~5章
2009.08.26 Wed l 里山 l COM(0) TB(0) l top ▲
お盆を過ぎ、8月は夢のように過ぎていきます。
前半は雨の多い夏でしたが、やっと夏らしい日が帰って来ました。
夏の終わりには、獅子舞。今日(22日)と明日(23日)は、奥武蔵、名栗の里で古式豊かな伝統芸能の獅子舞が奉納されます。

2006年に偶然に巡り会ってから今年で4度目の獅子舞を明日観に行きます。
昨年の獅子舞レポを、何とかアップしたいと頑張ってきましたが、やっぱり間に合いませんでした。

とりあえず、前半のみのアップです。後半は、おってアップいたします。
一年遅れのレポートですが、名栗の人々の熱い夏、ご覧いただけると嬉しいです。

獅子舞の夏2008 絆の夏

242_37s.jpg
2009.08.22 Sat l 里山 l COM(3) TB(0) l top ▲